東京のローカル線を撮ろう(その6)

有名な跨線橋から青梅行きを捉える。
f0051917_936491.jpg

「青梅線と青梅街道」
Camera:Nikon Df
Lens:AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm F/4.5-5.6G
1/320 F/8 マルチパターン測光 ISO200
撮影地:東京都青梅市二俣尾
※円偏光フィルター使用




奥多摩方面で撮影を終えて帰る道すがら、イイ感じの跨線橋があったので登ってみた。
するとそこは有名な跨線橋だった。
登ってみて色々アングルを試してみたが、キレイに撮れるのは限られた場所しかない。
青梅行きが何分で来るのか調べてみると、数分で来るようなので構えてみることにした。

線路の脇に道路。いかにもローカル線って感じだ。
しかしここはまかりなりにも東京都内。地方ローカル線と違って道路標識が多い。
それをうまく処理しつつ、構図を取らなければならないので意外とここは難しい。

列車がやってきた頃にはこのように道路にクルマの姿はなく、ホントにローカル線な感じに撮れた。
単行の車両とかが似合いそうなシーンだがE233系というのが青梅線らしくていい。
また都会的なイメージの車両なのになんだか溶け込んでいる気もする。

青梅線、意外と撮り応えあるなぁ。
[PR]
by RA106 | 2015-07-25 09:54 | 鉄道写真 | Comments(1)
Commented at 2015-08-07 22:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 通勤中に鉄道写真 東京のローカル線を撮ろう(その5) >>