人気ブログランキング |

ムーンライトえちごを撮る!2013(冬編/その2)

新潟へと戻る485系を雪化粧した諏訪峡で狙ってみた。
f0051917_2012103.jpg

「国鉄特急色の行く冬」
Camera:Nikon Df
Lens:Ai AF Nikkor 85mm F/1.8D
1/400 F/8 マルチパターン測光 ISO400
撮影地:群馬県利根郡みなかみ町川上
※円偏光フィルター使用



夏に撮影した際、この回送は昼頃だったのだが、
今回は朝方ということで夜行の撮影からあまり休めない中での撮影となった。
正直集中力が出るかどうか不安だったが、雪化粧した諏訪峡を見てそんな不安は一気に払拭された。

この度Nikonの新製品であるNikon Dfを導入した。
D3は今後も使っていくが、予備のFXフォーマット機が欲しいというのが1つと、
こういった夜行列車を撮るのに高感度撮影が出来るカメラは必要だ!(D3でも十分だが)
と考え今回導入に至った。テスト段階でバッファの容量もあるのが分かったので、十分使えるという感触もあった。

この諏訪峡を通過する列車はSLみなかみであっても意外と速い。
SLみなかみだと汽笛の音とドラフト音でどのくらいで来るか想像がつくが、電車は音もなくやってくる。
ここでも485系は音もなくやって来た。しかし時間が分かっていたので、しっかりと捉える事が出来た。

右の木々に雪が少ないのが少々不満だがこういう画が撮れた事に満足!
いい画撮れたな〜とモニターを拡大してみてみたら…なんと4つ目!
実は夜間の上りを見送った際にT18編成が来ている事は分かっていた。
本当はここではなく第3利根川橋りょうの辺りで撮影しようと思っていたのだが、
せっかくの4つ目ならそれが分かる場所で撮ろう!と思いここで撮る事にしたのだ。

いや〜休みが少ない中回送スジがある!ということで無理して撮影した甲斐があった…。
少ないチャンスをモノに出来たというのはいいことだ!
by RA106 | 2013-12-29 20:28 | 鉄道写真 | Comments(0)


<< 大糸線の冬(その17) ムーンライトえちごを撮る!20... >>