空に一番近い鉄道

なんの変哲もない写真だが、空が高いイメージで撮ってみた。
f0051917_20543496.jpg

「青空を行く小海線」
Camera:Nikon D3
Lens:AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm F/2.8G
1/500 F/8 マルチパターン測光 ISO200
撮影地:山梨県北杜市小淵沢町
※円偏光フィルター使用



2週連続で小海線を撮影。
先週の横殴りの雪と打って変わって快晴!
そしてやはり北信と違って雪が少ないために積もった雪はないところは本当にない!

大体小淵沢9:13に到着する224Dから撮影する。
この日は224Dが来る30分も前に着いてしまったので、大カーブの雪の積もり具合を先に確認した。
225Dがここでは本命なので、下見が出来るならしておいた方がよい。
大体の構図が決まったので、224Dを…と思ったのだが、
いつも撮ってる場所まで行くには少し時間が足りない。

そこで少し気になってた踏切から撮ってみる事にした。
横構図で構える…。撮れるけど普通…。じゃあ縦に…んー普通…。
と思ったが、意外とこんなに空ばかりになるところってないんじゃないか?
そう考えてこれで撮る事にした。

踏切が鳴ると間もなくしてエンジンを唸らせながらキハ110がやってきた。
王道の0度でシャッターを切る。
撮れた事を確認して225Dを撮るべく移動した。

久々にオーソドックスな鉄道写真を撮ったが、
こういう構図作るのも意外とすんなり決まらないものだ…。
立ち位置変えたり、角度変えたり…。
もっと一発で決められる腕があったら苦労しないのに!

まぁあーでもない、こーでもないとやってる時は意外と楽しいので嫌いじゃないですけどね…
[PR]
by RA106 | 2013-02-27 21:13 | 鉄道写真 | Comments(0)


<< 小海線雪景色2013(その2) 小海線雪景色2013 >>