人気ブログランキング |

大糸線の冬(その9)

2012年最後の撮影は大糸線南小谷発、糸魚川行き1番列車からの撮影!
f0051917_2114293.jpg

「里を行く1番列車」
Camera:Nikon D3
Lens:AF-S NIKKOR 24-70mm F/2.8G
1/320 F/8 マルチパターン測光 ISO800
撮影地:JR大糸線/南小谷〜中土
※円偏光フィルター使用




家を未明に出て、ムーンライト信州を撮ろう…
そんな無謀な計画は暗闇によってつぶされ、おとなしく始発列車を撮りに向かった。

南小谷駅に着いた時、それまでほとんど寝てなかったので、
待合室のこたつでうたた寝をしてしまった…。
そのため南小谷に向かってくる列車は撮らず、糸魚川行きから撮る事にした。

朝からかなりの雪が小谷村では降っていた。
前に同じ場所で北アルプスを入れて撮った場所だが、
降雪の為に天気も悪く北アルプスなんてとても望めない。

田んぼ?と思われる場所にイイ感じの木々があったので、
それを構図に入れながら、カーブを曲がる感じで構図を取った。
ただ、最初別のところで構えていて、まとまらなかったのでここまで移動したので、
慌ただしい撮影になってしまった…。

もう少しああしてこうして…と撮った後は思っていたが、
時間が経ってから見るとこれはこれでいいだろう。

クルマが変わったのはそんなに気にしていないが、
もっと大糸線を前から撮っていればよかったと今後悔している。
こんなに雪景色がキレイな場所はそうないんじゃないだろうか?
長野は雪国!と思われるが、南信と呼ばれる小淵沢や野辺山のあたりはほとんど降らない。
雪の写真が撮りたければ2月くらいまで待たなければならないので、
雪景色を満足いくまで撮れたためしがないのだ。

ここはずっと雪なので飽きるかもしれないが、撮れる限りはどんどん撮っていこうと思う。
雪景色ってイイもんですね!
by RA106 | 2013-01-02 21:17 | 鉄道写真 | Comments(0)


<< 大糸線の冬(その10) 大糸線の冬(その8) >>