冬の始まり

冬の乾燥したよく晴れた空に映える八ヶ岳と小海線。
f0051917_0493984.jpg

「冬の八ヶ岳高原ライン」
Camera:Nikon D3
Lens:AF-S NIKKOR 24-70mm F/2.8G
1/400 F/8 マルチパターン測光 ISO400
撮影地:JR小海線/野辺山~信濃川上
※円偏光フィルター使用



紅葉も終わり、里にも時折雪が降る季節になってきた…
ということでこの辺では積雪はほとんど期待出来ないながらも
今の状況が知りたくて小海線へ向かってみた。

朝の225Dを小淵沢の大カーブで撮れる時間に着いたが、なんとも微妙な天気…
ここで撮る事を諦め上へ向かって行くと…

八ヶ岳がクッキリ見える!
途中で鉄道関係なく普通に風景写真を撮影…
晴れてる時に、冠雪してカッコいい八ヶ岳を前に撮らない理由はなかった。
ここまで晴れているなら…と思い、次の227Dに焦点を合わせ、
八ヶ岳をバックに撮れる野辺山と信濃川上の間のポイントをロケハンしてみた。

季節は冬なので畑に作物はない。
茶色い畑にぽつんと小屋があったりするとなんとも…
作物がある時であればいいのかもしれないが、今回はパス。
なるべく建物がなく、鹿よけの柵がないような場所を探して歩いた。
線路際を歩いてようやく見つけ三脚を立てて構えてみた。

この前に228Dが走り抜けた。
この時は雲一つなくきれいな青空だった。
このまま続くだろう!と高をくくっていたら…

雲が出てきてしまいました…

まぁそれでも八ヶ岳に雲がかからず、こんなにハッキリ撮れる時はないので、
これでも十分満足!!久々に来てよかった!と手応えを感じられる撮影だった。

いつもならガツガツ攻めるのだが、この結果に満足してしまって本数は稼げなかった。
それでも撮った本数ではなく、納得いく写真が撮れたかどうかが問題だ。
畑にも雪が積もって白銀の世界!というのを撮れたらもっといいだろうな…

根気よく通ってみる事にします。
[PR]
by RA106 | 2012-12-08 07:30 | 鉄道写真 | Comments(0)


<< 冬晴れ 晩秋の中央本線(その2) >>