束の間の日差し

上り列車撮影の時間は雲が多くなっていたが、この時だけ日差しが来ました。
f0051917_132417.jpg

「山里から新宿へ」
Camera:Nikon D3
Lens:AF-S NIKKOR 24-70mm F/2.8G
1/250 F/8 マルチパターン測光 ISO200
撮影地:JR大糸線/千国~白馬大池
※円偏光フィルター使用



大糸線撮影午後の部。
午後はあずさ26号とリゾートビューふるさと長野行きが撮影対象。

まずはあずさ26号を撮ろう!という事で、回送の時に構えた場所がよかったので、
もう少し引きで撮ろう!ということで営業列車で撮り直す事にした。

すると回送の時は日差しがあったのだが、営業列車の時は雲が多く日が差したり、
差さなかったりと不安定な天気だった。

日が差さなくても、里のようにはなるか…と日差しがない状態での露出を取っていたら、
急に日が差して来た!これはいけるか?と半信半疑ながら日が差したときの露出を取った。
するとあずさ26号の姿が!

無事日が差した状態で撮影する事が出来た。
ただ南小谷の方は雲が立ち込めていて、いかにもこれから天気が悪くなる…
そんな事を予感させる天気になっていた。

この写真の中においてはその雲が立ち込めているところと、
日が当たっているところとの対比が出来ていいかな…とも思っている。

また新しく場所を見つけた…。
冬ここから撮れるだろうか…。ちょっと不安だが撮ってみたい!!
[PR]
by RA106 | 2012-09-29 07:30 | 鉄道写真 | Comments(0)


<< ふるさと的風景 姫川沿いで見つけた実りの秋 >>