首都圏に残る非電化区間を撮る

久しぶりに非電化区間を撮ってみたいと思い、家から近い八高線に行ってみた。
f0051917_10454305.jpg
「村里を行く」
Camera:Nikon D3
Lens:AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm F/2.8G
1/500 F/8 マルチパターン測光 ISO800
撮影地:埼玉県大里郡寄居町藤田
※円偏光フィルター使用




ここ最近ストレスの溜まる事が多く、また撮影に出ても天気に恵まれず悶々とした日々が続いていた。
自宅から近くに行ける八高線は前から気になっていたが、非電化故においそれと行けるところではないと
思っていてこれまで足が遠ざかっていた。
しかし、調べてみると意外な事に青梅線の白丸辺りに行くのと距離も時間もそう変わらないという事が判明。
これは行くしかない!と考え寄居まで行く事にした。

当初、有名な荒川橋梁を横から河原から撮りたかったのでが片側は逆光、
逆サイドは草が生え過ぎてて時間までにアクセス出来ると思えなかったので、
跨線橋から俯瞰気味に撮る事にした。

こうして構えると小海線を撮影していた頃を思い出す。
よくキハ110をこんな風に撮っていた。またこの機材で。
Dfではズームレンズを使うのがなんとなくやり辛い。
初めての場所で勝手が分からないため、今回はこの機材を選んだ。
結果なんだか懐かしい感じがした。

結局ここで2カット撮って帰る事にしたが、久々に非電化区間で写真が撮れた事、
キハ110に乗れた事もあり大満足な撮影行だった。
これから少しずつこの八高線にも行こうと思う。


[PR]
by RA106 | 2016-08-10 11:30 | Comments(0)


<< 都心に残る踏切風景 一時の休息 >>