台風一過の大糸線

台風が過ぎ去るのを待って、久々の大糸線に出かけてみた。
f0051917_1957083.jpg

「晴天の南小谷」
Camera:Nikon D3
Lens:AiAF Nikkor 85mm F/1.8D
1/500 F/8 マルチパターン測光 ISO400
撮影地:長野県北安曇郡小谷村
※円偏光フィルター使用



首都圏台風直撃…
それてくれ!!と思ったが、半分願いが届いたのか大雨と強い風は
住んでる場所では午前中に集中してくれて午後から天気は落ち着いた。
これなら明日は台風一過で晴れるはず!と思い、次の日から仕事ではあったが、南小谷に向かった。

台風だから…と昔のレイルマガジンなど見返していたら、
偶然手に取ったのが「キハ52ファイナルガイド」
大糸線からキハ52が撤退する時の撮影ガイドだった。
それを見ていたら…こんなところから撮れるの??この発見もあって向かう事にした。

ガイドにそって向かい、現地到着。
目から鱗だった。道も川もはさんで向こうを見るという事は発想になかった。
これはスゴい!と思って早速構える。着いたはいいが実はあまり時間がなかったのだ。
取り急ぎ構えて来るのを待つ。そして定刻で南小谷行きがやってきて一言…

ちっちゃ!!

作例はキハ52、撮影しているのはキハ120。当然小さい。
しかしながらラッピング車がやってきたので色鮮やかで目立っていると思う。
個人的にもこのラッピング車は好きなので撮影出来てよかった!

こんな素晴らしい場所があるとは…。
紅葉に雪の時期にまだまだ大糸線では新しい発見がありそうだ。

護岸が崩れたとき、もうダメかと思ったがまた走ってくれている。
この先も止まらず走り続けてほしいものだ。
[PR]
by RA106 | 2013-09-21 20:11 | 鉄道写真 | Comments(2)
Commented by Masa at 2013-09-21 20:26 x
雨上がりの艶のある色彩すばらしいですね・・・
Commented by RA106 at 2013-09-22 21:55
>Masaさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
天候と風景に助けられた結果だと思います。
姫川が濁ってなければ言うことなしだったんですけどね。。。


<< 台風一過の大糸線(その2) 洞爺湖ロングラン花火 >>