新緑の大糸線(その4)

小熊山パラグライダー場からの大俯瞰にチャレンジ!
f0051917_2394349.jpg

「海ノ口の集落と特急あずさ」
Camera:Nikon D3
Lens:AF-S VR Zoom-Nikkor 70-200mm F/2.8G
1/400 F/8 マルチパターン測光 ISO400
撮影地:長野県大町市平
※円偏光フィルター使用



以前から行ってみたいと思っていたこの場所。
地図もないし、道順も想像がつかなかったので、
通ってる割には珍しく色々調べて下準備をした。
しかし地図がないので、どんなに下調べをしても、実際に行ってみないと分からない…
北線を撮ってから、大町方向へ引き返し、海ノ口駅に至る前に国道を分岐。
小熊山方面へ向かった。

途中全く道が開けない。落石も多く本当にここで合っているのか不安になった。
撮影対象のあずさ3号は11:02に信濃大町を発車する。
その時間までには構図と露出を決めておきたい。

そんな思いとは裏腹に一向に撮影出来そうな場所が見つからない…。
ついに地図から道が消える。
しかしながら道は続いている。途中の分岐もないのでそのまま道を進むと…

あった!!

急に視界が開けた!その場所こそ小熊山パラグライダー場だった。
クルマで行っているとはいえ、登山をして山頂に到達したかの感動を覚えた。

撮影出来る区間は稲尾から簗場に至る手前まで。
稲尾付近と今回の海ノ口付近、海ノ口から簗場に至るまでと3通りに撮影してみた。
稲尾付近はちょっと遠いし、撮影場所から視角が鋭角になるからかイマイチだったので、
今回は海ノ口駅付近を通過するカットを載せた。
湾を入れた方がよかったかな…と撮ってから後悔したが、これはこれでありでしょう!
またひとつ季節を追いかけたい場所が出来た。
可能な限りここでの撮影はしていこうと思う。
[PR]
by RA106 | 2013-06-06 23:28 | 鉄道写真 | Comments(0)


<< 新緑の大糸線(その5) 新緑の大糸線(その3) >>